昔は制限速度+αな速度が普通で
警察の取締時にも「制限速度で走れとは言わないけど・・」的な事言われた記憶もあります。
でも煽り運転が報道で取り上げられるようになってからか
制限速度で走行する車が増えたように思います。
これ自体はとても良い事だと思います。
でも中にはこの煽り運転された!と言う為にワザと後に付くと
急に制限速度で走ったり(これはこれで正当だと思います)
ただ中には制限速度以下でノロノロ走行し出すのも居ます。
もちろん高速道路でないので最低速度制限がないので
極論は何km/hで走行しても問題ないしそれを煽って良い法律はありません。
ただし道交法には制限速度以下で走行中に後方から制限速度以内で自分より速い車の
走行を妨げてはいけない事になっています。
ようは自分が40km/h道路を20km/hで走るのは問題ないけど
後方から40km/hで来た車の走行を意図的に妨害してはいけない
それでも20km/hで走行を続ける際は後方の車両に道を譲るようになってます。
これを譲らずにいる行為を逆煽りと報道されていますが
何故かこちらはあまり認知されていないようでひたすら我はゆっくり走る
煽るなと言わんばかりの輩もいる
この場合後方車両は煽っていい訳では無いのでご注意を
自分は追い越し可能な状況であれば速やかに追い越す事にしております。

またこのノロノロ運転はゆっくり走行こそ安全運転と思っているのかもですが
得てしてこのノロノロ運転に限って横断歩道待ちしている人を
平気で無視して歩行者妨害をしている事が多いです。
実際自分は何度もその後で歩行者の為に停車する機会が多いです。

カートの先輩が
「どんな事があっても煽ったら煽った方が悪い!」
という言葉をいつも頭に走行するように気を付けております。

何事も極端な行為は逆な悪循環を産んでしまうのではと
ちょっと思いました。

皆さんもご安全に♪